iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮

スマホの水没の危険性と注意点 iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮ならJR大宮駅近のスマホスピタル埼玉大宮にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮
  • オンライン予約はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮

修理速報

スマホの水没の危険性と注意点

[2020.06.22] スマホスピタル埼玉大宮

iPhoneの水没修理についてご注意!

今回の修理はiPhone8です。

今回は水没してしまったお客様がデータを取り出すために修理の依頼を受けました。

水没はかなりシビアな修理で直らないこともある修理です。

更に一度水没してしまった端末は基盤に損傷を受けているので基本的には

水没する以前のように安定した使い方はできないものと思っていただきます。

(極稀に、軽度水没により損傷なく使える場合もあります。)

水没をするとどこかしらのパーツの動作がおかしくなることが高確率であります。

例として

・ホームボタンを押すと連打される

・画面半分が操作出来ず使えなくなる

・バックカメラかフロントカメラが起動しなくなる

・液晶内に水が入って画面全体にムラと汚れのような暗い画面になる

・近接センサーが反応しなくなる

(近接センサーとはiPhoneAndroidに搭載されている電話中に耳に当ててスピーカーから相手の声を聞く)

・マイクがノイズ音になる。または声が一切聞こえなくなる。

今回はそんな水没の注意点をまとめました。

まずは、自宅で水没してしまうケースです。

自宅で水没する場所といえばトイレやシンク周り、お風呂ですが非常に多いのがお風呂場の中でスマホを使用していたら水没してしまったと言うお客様が多くみられます。

水に落としていないのにどうして?と言う方もよくいます。

その原因は

寒いところから湿度のある暑いところへスマホを持っていくと結露ができます。

また、逆の場合も同じで極端に暑いところから寒いところへ持っていく場合も同じです。

よくお店で売っている「防水ケース」と言うものがありますが、お風呂などではケースの中にスマホをしまって使うかと思います。

そしてそのケースの中で結露ができるとどうなるか。

水に落としていなくても内部で水没してしまいます。

内部でというのはどういうことかというと。

スマホの基盤やメモリー、マザーボードなどが内部にあると思いますがその中から結露ができてしまい水没してしまいます。

このようなことが起こりやすいので防水加工してあつスマホだから大丈夫、防水ケースに入れたから大丈夫。

ということは必ず安全とは限りません!

むしろ、普通に水へ落とすよりも危険な行為です。

女性の方は特にお風呂や浴室で使用する機会が多いと思いますので注意が必要です!

急激に暖かいところから寒いところ

もしくは

急激に寒いところから暖かいところに移動した場合は結露ができやすいです。

また、湿気の多い場所も同じです。

ちなみに、袋の中にシリカゲルを入れことによって結露ができにくくなるので内部的な水没は防げないですが、ケースに結露ができて水が溜まって水没する場合もあるので入れないよりはマシでしょう。

水没した際の対象もご紹介いたします。

この時期、夏は特に水没が多い時期なのでお役立ち情報としてご紹介します!

水に触れてしまったり、隙間に入ってしまったと思ったらすぐにまずは焦らないことです。

電源を通さずにそのまま電源を落としましょう。

そして、基盤内に入り込んだ水の出口を作るように

SIMカードとSIMカードスロットを抜きます。

SIMカードスロットは基盤に最も近い出口なので最適な対象です。

そこから入った水をシリカゲルで吸うために、ジップロックなど密封できる袋の中にスマホを入れてシリカゲルを入れると中の水を吸って応急処置できます。

これだけでは中に入った水を完全に吸い取ることはできないのでこの状態で修理店に持っていくことが最適な対処になります!

実際にこの対処をすぐにして、その次の日に持ってきていただいたお客様の水没したiPhone8は復旧できました!

対処が早かったのと、的確な対処ができたことが復旧につながりました。

復旧できるかどうかはその時の対処ができているか

いかに早くその対処ができるかで決まってきます。

ただし、一度水没をした端末はiPhoneに限らず電気製品全てに言えることですが

水没する以前の状態よりも不安定な状態です。

修理ができた後でも急に電源が落ちてしまう可能性もあります。

極端な話ですが

修理完了後、30分くらいしたら画面が暗くなって電源もつかなくなった。

といったことがありました。

水没してしまった端末に対しては当店では保証できかねますのでそちらは特にご注意ください。

あくまでもデータ取り出しと一時的な復旧作業となります。

まずiPhoneの防水モデルを紹介しましょう。

iPhone7

iPhone7Plus

iPhone8

iPhone8Plus

iPhoneX

iPhoneXR

iPhoneXS

iPhoneXS MAX

iPhone(11)シリーズ

新型 iPhoneSE(第二世代)

iPhoneiPhone7以降から防水と防塵機能が付きました。

上記のモデルが全て防水と防塵性能です。

それ以前のiPhoneSEから前のモデルは全て防水と防塵機能がないのでご注意ください。

この防水という機能を勘違いされる方が多いです。

防水ならお風呂の中で使ってもいい。

水に付けて使用しても使える。

という解釈になる人は多いと思いますが

それは「防水」ではなく「耐水」です。

「防水」は文字通りあくまでも水の侵入を防ぐ

という機能です。

「耐水」というのは水に耐えるということになります。

iPhoneは水自体に耐えるほどの基盤ではないため

いくら防水と言って水の侵入を防ぐとしても

防水シールの経年劣化や小さな隙間から水が入って基盤が濡れてしまい、電源を通すとショートしてしまいます。

この水が侵入するという条件さえなければ水に付けても大丈夫です。

やはり電子機器に変わりないので

いくら水に対する対処が施されていてもそれを過信しすぎたり

信用しすぎて油断をすると水没する可能性は高まります。

特に気をつけていただきたいのは

お風呂です。

水にさえ付けなければいいのでは?と思う方多いですが

問題は「結露」です。

暖かい所から寒い所へ行き長時間いると結露ができます。

もしくは寒い所から暖かい所も同じです。

その結露がスマートフォン外部ではなく

内部で結露した場合が防ぎようがありません。

そのようになる前に

なるべくお風呂へ持ち込むのは控えた方がいいかと思います。

女性の方はお風呂で使用する方、多いと思います。

男性の方もお風呂で音楽を聴く際は

必ずスマートフォンではなく更に防水耐水に特化したお風呂用の防水耐水スピーカーを使用しましょう。

スマートフォンが使えなくなったら元も子もありません。

防水機能を過信しすぎると落として画面を割って修理をするよりも致命的な故障になる可能性が高くなります。

一度水没をすることで基盤に永久的に損傷を受けることになります。

どういうことかというと

画面を割ってしまったり、パーツが故障しているだけであれば交換することで修理ができますが

水没というのが厄介で

受け側の基盤がダメージを受けることになるので

どれだけパーツを変えても直すことができなくなります。

よく勘違いされますが基盤を交換すれば良いといったり、基盤を洗浄すれば永久的に使うことができるということが勘違いされがちです。

一度ダメージの受けた基盤は永久的に不安定な状況下の中にあります。

一部の機能が使えなくなったりします。

ホームボタン、音量ボタン、センサーの不良、スピーカーから音が出ない、フリーズすることがある、圏外になる。等こういった非常に普段使いできないような症状が発症する可能性があります。

また、水没歴も残ることでアップルのサポートからも受けられなくなる可能性があります。

どれだけ水没の危険性があるかわかるかと思います。

これは機械にとって一番危険な故障です。

一覧に戻る

048-778-7973 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル
  • アンドロイドホスピタル