iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮

Androidスマホを修理するにあたっての注意点! iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮ならJR大宮駅近のスマホスピタル埼玉大宮にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮
  • オンライン予約はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮

iPhoneお役立ち情報

スタッフオススメ情報

Androidスマホを修理するにあたっての注意点!

[2019.01.11] スマホスピタル埼玉大宮

カテゴリー:スタッフオススメ情報

日本国内ではiPhoneがナンバー1シェア率を誇っているため、どこでも修理しやすいですよね。

一方、Android端末だとお店の数が限られてきます。

そうすると、やはり修理時の認識や認知が薄いなと感じるときが多々あります。

今回はAndroid端末を修理するときの注意点を書きます。

このブログを通して、Android端末特有のリスクをご理解いただけたらなと思っています。

 

■iPhoneと違い粘着テープで固定されているAndroid端末

iPhoneはネジで画面を固定しているため、フレームがよっぽど歪んでいない限りはネジで再度締めてお渡しすることが可能です。

一方、Android端末は粘着テープを圧着して止めているのでフレームが少しでも歪んでいると画面が浮いた状態になります。

画面が浮いた状態だと非常にパネルが割れやすくなります。

このような場合は見た目が悪くなりますが養生テープを貼ってお渡しするときもあります。

 

■背面パネルから分解する

iPhoneは画面パネルから開けて修理開始となりますが、Android端末は背面パネルを開けてから修理開始となる端末が殆どです。

背面パネルを開けるときにヒートガンを利用するときがあります。

Xperiaはヒートガンを当てても何も問題なく開けることができます。

しかし、Galaxy、HUA-WEIにヒートガンを当てると背面パネルが傷付いたり塗装が禿げてしまいます。

そのためヒートガンは使用せずにスパチュラを差し込んで少しずつ開けていきます。

この時にどうしても傷が付いてしまいます。

画面交換をするときは背面パネルに傷が付くと覚えておきましょう。

 

■システム障害が起きやすい

Android端末特有のシステム障害があります。

Androidのロゴから次の画面に進まないという症状です。

iPhoneでいうところのリンゴループに近い状態ですね。

これは端末の経年劣化だったりメモリの容量不足、相性の悪いアプリをダウンロードすることでおきます。

交換修理をしたから発生するものではありません。

特にNexusがシステム障害を起こしやすいです。

 

■Android端末は突然死しやすい

とにかくAndroid端末は「突然死」をしやすい製品です。

電源が突然落ちてしまうことを繰り返して、とうとう本当に電源が点かなくなってしまいます。

Xperia(特にZ4)、Nexus5系などが突然死しやすいです。

 

iPhoneでは発生しにくいリスクです。

逆にiPhone特有の注意点もあります。

Android端末特有のリスクを知ることによって、これからはAndroid端末の扱い方が変わってくるかと思います。

修理に出すときも心構えも変わってくるはずです。

 

スマホスピタル埼玉大宮店ではiPhoneもAndroid端末も修理しております。

お気軽にお問い合わせくださいね! 

 

 

スマホスピタル埼玉大宮店

埼玉県さいたま市大宮区桜木町 1-1-5 山中ビル4F

048-778-7973

一覧に戻る

048-778-7973 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮
  • スマホスピタルグループサイト