iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮

知っておきたいリセットと再起動の違い。 iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮ならJR大宮駅近のスマホスピタル埼玉大宮にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮
  • オンライン予約はコチラ。iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮

iPhoneお役立ち情報

スタッフブログ

知っておきたいリセットと再起動の違い。

[2020.11.12] スマホスピタル埼玉大宮

カテゴリー:スタッフブログ

こんにちは!iPhone(アイフォン),iPad(アイパッド),Xperia,Galaxy,Huwai,3DS,New3DS, Swich修理店舗のスマホスピタル埼玉大宮店でございます!

──── ◆ ◇ ◆ 《 初めてご来店のお客様へ 》 ◆ ◇ ◆ ────

《スマホスピタル埼玉大宮店案内URL》

地図はこちら→https://www.iphonerepair-ohmiya.com/about_shop.html

《スマホスピタル埼玉大宮店電話予約》

電話番号→048-783-4391

《スマホスピタル埼玉大宮店WEB予約》

WEB予約→https://select-type.com/rsv/?id=Tz3nJej-b7I

──── ◆ ◇ ◆ 《 初めてご来店のお客様へ 》 ◆ ◇ ◆ ────

皆さま、iPhoneに不具合が起きた時、どのように対応していますか?生活に欠かせない存在となっているiPhoneですが、毎日使用していると、インターネットを使っていたら、画面が動かなくなった」
「画面を触っても反応しなくなった」などたまに不具合や故障が生じてしまう場合がありますよね。Phoneが動かなくなってしまった、充電ができなくなった、ホームボタンが反応しないなど様々な不具合が生じるケースがあります。
こうした際に、困り慌ててすぐに修理に出さないといけないと考える方多いのではないでしょうか?
不具合が生じた際には、修理に出す前にまずやってみるべきことがあります。それは「再起動」になります。

iPhoneの再起動とリセットの違いについて知らない方も多いのではないでしょうか。

 不具合に合わせてどう対応すべきなのか、なにが違うのかを

簡単にご紹介したいと思います。

不具合が起きた時に使う再起動とは

再起動というのは、リセットと似ていますが少し違います。その名の通り再び起動させる、立ち上げ直すということです。

iPhoneの動きが遅くなってきて使いづらいと感じる場合、メモリの容量が少ない可能性があるので少しの不具合であれば再起動させれば治るケースもございます。

iPhoneの再起動を行ってみると

再起動は、iPhone4~8系はスリープボタン(画面をロックして消す機能があるボタン)を長押ししてスライドバーが表示されたら横にスライドさせて一旦電源を切ります。

数秒待ってからスリープボタンをもう一度長押しすると元のように再び起動します。

iPhoneXシリーズとiPhone11ではスリープボタンとサイドボタンを両方長押しするとスライドバーが表示されるので、横にスライドさせるると再起動されます。

またiPhoneの調子が悪くて安定して使えない時などには、アプリを終了させるだけでも少し変わると思います。それでも変わらないようであれば作業中のデータなどは一旦保存して再起動をさせます。

ちなみにスリープボタンが壊れて電源が切れない場合は、画面操作が可能な状態であればAssistive Touchでスリープボタンの代用ができます。

まず「設定」のアプリを開き「アクセシビリティ」から「ショートカット」を開き一番上の項目にある「Assistive Touch」の項目をタップしてオンにすると、サイドボタンやホームボタンを3回連続でクリックすると白い丸のマークが表示されます。

そちらをタップし「再起動」の項目をタップすると再起動が行われます。

どちらも電源が切れたあとは充電器に差したり、また電源をつけることで再びいつも通りに動きだすようになります。

つまり再起動というのは、iPhoneの調子が良くない時に一旦電源を落として再度入れ直すという事です。例えば作業中のデータがある場合などにおいて再起動をする場合はデータを保存して行うことができるので、途中まで行っていた作業のデータも残ります。iPhoneの動作が少し重いけどタッチ操作などは出来る場合などには再起動を行うようにしましょう。

iPhoneのリセット(強制再起動)とは

一方リセットも再起動も一旦電源が落ちて、再び起動するため、同じものだと思われがちですが、リセットというのは通常とは異なる方法でiPhoneを強制的に再起動させるというものです。実際は、両方とも使い分けをしないと新たなトラブルが生じる可能性があります。

リセットは本来、iPhoneの操作がなにも出来ない状態の時にするものなのでフリーズしてしまった場合や、電源ボタン(スリープボタン)が故障してしまった場合など、強制的に電源を終了させる方法で、パソコンに当てはめると、電源を無理やり終了させる行為と同じなため、作業中のデータを失う危険性があります。

正しい手順を踏まずに強制的に終了させ、再び立ち上げるという事で、データを失う危険性があるのでご注意下さい。

強制再起動の手順は機種によって異なるのでご紹介します。

強制再起動方法

iPhone11 iPhone Xシリーズ・iPhone 8 iPhone 8 Plusの方法

iPhoneの左側にあるサイドボタンの音量大ボタンを押したらすぐに指を離します。次に音量小ボタンを押してすぐに離したあとスリープボタン(右側にあるサイドボタン)をAppleのロゴが表示されるまで押し続けると強制再起動を行うことができます。

iPhone 7 ・iPhone 7 Plus の方法

スリープボタン(右側にあるボタン)と音量を下げるボタンを同時に押し続けます。Appleロゴが表示されたらボタンを離して強制再起動を行うことができます。

iPhone 6s 以前の機種の方法】

ホームボタン(画面の下部にある丸いボタン)とスリープボタンを同時におします。Appleのロゴが表示されるまで押し続けたらボタンを離し強制再起動できます。

「再起動」と「リセット」の違いは

再起動もリセットも同じように捉えている人が多く、その違いに気付かないことで予期せぬトラブルを招くことがあります。

動作が少し重い場合などには再起動を行うようにしましょう。
再起動は、1回電源を落として再び電源をつけるというもので、iPhoneあれば、電源ボタンを長押しして、出てきた赤いスライドバーを横にスライドすることで電源が落ち、充電器に差したり、また電源をつけることで再びいつも通りに動きだすようになります。

一方のリセットは、フリーズしてしまった場合、電源ボタンがうまく機能しない場合など強制的に終了させる時に行われます。
iPhoneならば電源ボタンとホームボタンを2つ同時に長押しすることでリセットすることができます。

2つとも同じに見えますが、例えば作業中のデータがある場合などにおいて、再起動をする場合はデータを保存するなどして行うことができますが、リセットはそうしたことを一切せず行うのでデータが失われる可能性もあります。
ちょっとした動きが鈍った場合などは再起動で事足りるため、なるべくそうするようにし、リセットはあくまで緊急事態の時に使うようにしましょう。

このように再起動とリセットは似てるようで少し違うので、不具合が起きた時に間違った対処で新たなトラブルが起きないように正しく覚えておくと便利ですね( ´∀`)!

また故障に関してご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

当店は予約制になっておりますので

ご来店の際は下記の連絡先もしくは

当店のホームページからご予約をお願い致します!

スマホスピタル大宮

〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目1−5 山中ビル4F

048-778-7973

一覧に戻る

048-778-7973 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮

お問合わせはコチラ iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮
  • 修理価格一覧 iPhone(アイフォン)修理 埼玉 大宮
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル
  • アンドロイドホスピタル